仙台牛

仙台牛銘柄推進委員会の取り組み

取り組み一覧 > 「仙台牛をBBQで味わおう!!」消費者交流会開催されました!

活動一覧「仙台牛をBBQで味わおう!!」消費者交流会開催されました!

美味しい「仙台牛」はどのような環境で育てられるのでしょうか。「仙台牛」を食べて味わうだけでなく、普段はなかなか見られない生産現場を見て、知って、より深く味わえるイベントがあります。

9月5日(土)、第3回目となる「仙台牛」消費者交流会が川崎町で開催され、抽選で選ばれた親子約50名が参加しました。また今回は、担い手生産者の方々も参加し、生産者の視点から「仙台牛」の魅力を伝えました。

参加者はまず、JAファーム川崎肥育センターで「仙台牛」の生産現場を見学、その後エコキャンプみちのくへ場所を移してバーベキュー、という2本立てで「仙台牛」を味わいました。

JAファーム川崎肥育センターでは「仙台牛」がどのように育つのかなどをJA全農みやぎ仙南畜産事業所長の佐藤 潤さんの説明でお勉強しました。
また、わらを牛に与える体験では子供たちが大興奮。最初は怖くて近づけなかった子もいましたが、だんだん慣れて最後には牛を触れるまでに。大きくて怖そうだけど、実は大人しくてかわいいんです。

肥育センターを後にしたバスはエコキャンプみちのくへ。お待ちかねのバーベキューです!
「仙台牛」のほか、宮城野豚や宮城県産の新鮮な野菜、それから宮城県産米のおにぎりが配られて、さあ、いよいよバーベキュー開始!
...と、思いきや、会場からは「こんないいお肉焼いたことない!」「どのくらい焼けばいいの?」という声が。せっかくの「仙台牛」ですから、美味しくいただきたいですよね。
そんな参加者の声に生産者がヘルプ!各テーブルで焼き方講座が開かれていました。
「仙台牛」は焼き過ぎないのが美味しくいただくコツだそうですよ。

また、バーベキュー会場では『仙台牛サーロインステーキ』争奪クイズ大会や、豪華景品が当たる抽選会も行われ、会場は大いに盛り上がりました。

参加者からは、「とっても美味しかった」、「特別な日は仙台牛でお祝いしたい」など、満足の声を沢山いただき、「仙台牛」消費者交流会は大盛況のうちに幕を閉じました。

<<取り組み一覧へ戻る

ページの上部へ戻る